投資初心者のための 鉄壁資産運用

ALBERT(アルベルト)(3906)のIPO情報と初値予想

 

2月IPOの中でも注目度の高いIPOがALBERT(アルベルト)です。

ALBERT(アルベルト)の事業コンセプトは「分析力をコアとするマーケティングソリューションカンパニー」となっています。これだけだと何をする会社なのかよくわかりませんが、分析力つまりデータを解析して企業業績を上げるにはどうすればいいかというコンサルティングビジネスを行っている会社です。今流行りの「ビックデータ」系ですので期待が持てます。

上場日は2月19日(木)で上場市場は東証マザーズです。

会社概要

ALBERT
会社概要
商号:株式会社ALBERT(アルベルト)
会社設立:2005年7月1日
資本金:3億3,900万円
業種概要:データ分析及びコンサルティング

上場概要

上場日:2/19
BB期間: 2月2日~2月6日
公開株数:公募:20万株 売出:10.88万株 OA:4.63万株
想定価格:2350円/100株単位(吸収金額:最大8.3億円)
ネット系証券会社:SBI証券(主幹事)、SMBC日興証券(副幹事)、東海東京証券、マネックス証券

ALBERTの財務状況

ALBERT財務状況
過去3期(直近は第3四半期まで)順調に売り上げ、純利益ともに伸ばしています。従業員1人の売り上げでみると伸びは感じられず、会社の規模が大きくなったことに伴った業績の上昇です。ビックデータ関連ということもあり、仕事が増えているのかもしれません。

IPO規模

吸収額8.3億円(OA含む)で超小型のIPOです。これはいいIPOになるのではないでしょうか。
ALBERT大株主状況

大株主及び主要ベンチャーキャピタルには90日間のロックアップ(公募価格1.5倍で解除)がついています。ベンチャーキャピタルが多いのは気になります。しかし、吸収額が8億円と10億円未満の案件ですので品薄感が安心材料となります。

初値予想

(1/27日現在)
【総合評価】A
【初値予想】4700円
(2/23追記)
【公募価格】2,800円
【初値結果】6,060円(公募価格比+115.7%)

(参考情報)想定価格:2,350円

「吸収額が少ない」「マザーズ」「ネット関連銘柄」の値上がり3点条件がそろっているのは見逃せないです。管理人はもちろん参加します。当選確率がものすごく引くそうですが、応募しない事には当選しないので参加ボタンを押します。

 - IPO初値予想と結果一覧
 -IPO初値予想
 -, ,

  関連記事

Keeper技研(6036)
KeePer技研(6036)のIPO情報と初値予想

来週から2015年のIPOが始まります。当選すれば儲けることが出来るの可能性が高いので一部の銘柄を除いて積極的に参加していきます。参加しない …

ファンデリー(3137)
ファンデリー(3137)のIPO初値予想とスケジュール

ファンデリー(3137)のIPO情報です。事業内容は「健康食宅配事業及び企業向けマーケティング支援事業」です。上場日は6月25日(木)で、市 …

メタップス(6172)
メタップス(6172)のIPO初値予想とスケジュール

メタップス(6172)のIPO情報です。事業内容は「スマートフォン向けアプリにおける広告運用コンサルティングサービス及びEC事業者向けオンラ …

ホクリヨウ(1384)
ホクリヨウ(1384)のIPO情報と初値予想

金曜日に今年最初のIPO Keeper技研が締め切られました。当たるも当たらぬも応募しないとIPO投資は始まらないので余剰資金はどんどん応募 …

テモナ(3985)
テモナ(3985)のIPO初値予想とスケジュール

テモナ(3985)のIPO情報です。事業内容は「リピートに特化したEC事業者支援サービス(定期通販システム「たまごリピート」、Web接客シス …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOPへ戻る ↑