投資初心者のための 鉄壁資産運用

緩やかな上昇を想定しコール・カレンダー・スプレッドを試した結果

      2015/02/26

1/15に模擬トレードでコール・カレンダー・スプレッドを試してみました。カレンダー・スプレッドは相場があまり変動せずに期近のタイムディケイを狙う戦略です。

1月15日の相場状況

昨年末からの米市場急落に伴い、日本市場も連動して下落していました。その中、昨年の量的緩和実施日の引値(2014/10/31:16,413.76)まで数百円(2015/1/14:16,795.96)に迫っていました。

ただ、16,755.32(2014/12/16の引値)が前回の最安値になっているので16,500円では切り替えされることを想定しました。
1/15の寄り付きより上昇に転じていたことから底打ちは終わったと判断し、緩やかな上昇になると想定してコール・カレンダー・スプレッドを構築してみました。
2015年1月15日の相場状況

仕掛け

1/16のザラ場で上昇を確認してから、先物が17,060でポジションを構築。

<ポジション>
銘柄 枚数 価格 IV
02C175 -1 225 21.1%
03C175 +1 420 22.4%
<ポジションのセンシティビティ>
デルタ ガンマ ベガ セータ
0.06 -0.0001 8 1.3

+195の支払いです。
(模擬トレードなので指値が使えないため成り行き(最良指値)で決済したと仮定した価格です。)

手仕舞い

上昇局面に入ってきましたが緩やかではなく、早いペースで上昇しました。1/23にITMに入り、調整を経て1/27に大きくITMに入りました。評価益が出ていないのであと1日待って1/28で手仕舞いしました。
calendar-spread-20150115

<ポジション>
銘柄 枚数 価格 IV
02C175 +1 495 20.4%
03C175 -1 665 19.9%
<ポジションのセンシティビティ>
デルタ ガンマ ベガ セータ
-0.06 -0.0002 10 3.3

-170で受け取り。結果25の支払い(損失)。-25,000円です。
ほぼ、ビットアスクスプレッド分やられた状態です。仲値基準ではほぼ±0。

反省点

カレンダー・スプレッドは想像より仕掛けるタイミングが難しいです。タイミングを誤ると相場観が当たっていても利益になりません。
1.イン・ザ・マネーに入りガンマショートの影響でデルタがマイナスになったことにより損失が発生
2.上昇局面ではコールのIVが落ちる傾向にあるためベガロングにより損失
3.仕掛け時のIVが期近<期先になっていた

負けた要因分析

今回の取引の仕掛け日ベースでの原資産に対する損益図の確認です。
コール・カレンダー・スプレッドの損益図
見ての通り、イン・ザ・マネーに近づけば益が出るはずです。そして、ITMから100円ぐらい入ったところが極大値になっています。しかも約10日分のセータがプラスされるので収益が上がってないということは、完全にベガでやられた計算になります。

<IVの変化>
銘柄 仕掛け時IV 手仕舞い時IV 差分
02C175 21.1% 20.4% -0.7%
03C175 22.4% 19.9% -1.5%

ベガで-52も負けています。それじゃあ、いくらデルタとセータが取れてもデルタは先物mini 1枚分もないので勝てないわけです。
ベガ負け分計算式:18*(21.1-20.4)-26*(22.4-19.9)=-52.4

想定以上に速い速度で上昇したため期近のボラティリティが上昇したのだと思われます。コール・カレンダー・スプレッドは「緩やかな」上昇ではなればダメなのでなかなか難しいです。ボックス圏内での反転上昇ではカレンダースプレッドには上昇速度が速すぎたようです。ボックス圏から外れて上昇するときはじりじり上がる展開になるのでいいのかもしれません。今後また試してみます。

 -オプション, バーチャルトレード
 -

  関連記事

2015-01-08までの日経平均株価
ヘッジ付ショートストラングル(アイアンコンドル)を試した結果

1/8に模擬トレードでヘッジ付ショートストラングル(アイアンコンドル)を試してみました。 ショートストラングルは売り戦略のメインとなりうる戦 …

ライブスター証券
私が日経225オプション専用で使っているライブスター証券を徹底評価!

私がオプション取引を始めるにあたって一番心配だったのは「手数料はどれぐらいなのか?」ということでした。そこで、各証券会社の手数料を比較して最 …

20150203-creditspread
バンドウォークを想定しクレジット・コール・スプレッドを試した結果

2/3(火)のナイトセッションに模擬トレードでクレジット・コール・スプレッドを試してみました。クレジット・コール・スプレッドは弱気の相場でボ …

2/9(月)時点のロングストラングル損益図
雇用統計発表前にロング・ストラングルを試してみた結果

2/2(月)~2/6(金)は金曜の雇用統計を意識してか、ほぼ17500-17750のレンジ相場で三角持合いが継続していました。上に抜ける、ま …

SQ前日比の分布
【最新】SQ値の過去データとSQ前日の日経225

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOPへ戻る ↑