投資初心者のための 鉄壁資産運用

IPOとは何か?なぜIPO投資は儲かることができるのか?

      2017/01/12

IPO投資は余剰資金を口座に眠らせている人にとって、リスクを少なく儲けることが出来る投資です。でも「IPOってよくわかんない」っていう人はホント多いです。それはもったいないですよ。

IPOって何?」という人から「IPOは儲かるの?」と疑問を持っている人まで、IPOに関する基本的な疑問に答えていきます。

IPOとは?

IPOとは「Initial Public Offering」の略です。直訳すればInitail(新規)Public(公開)Offering(提供)で日本語では「新規公開株」と呼ばれています。株式会社が市場で初めて資金調達を行う時にIPOは行われます。ですから、まだ市場に出回ってない株をIPOの募集に応募することで市場に出回る前に購入することが出来ます。

なんでIPOをするの?

IPOをする理由は「企業の資金調達(公募)」と「既存株主の利益確定(売出)」のためです。

公募」は株式会社の資金(新規事業や借入金返済など)となるものです。「売出」は新規公開を行い会社の既存の株主か利益を確定させるために行います。

IPOによって得られる資金は「会社の資金」になるか「既存の株主の資金」になります。ですから、公募と売出の比率も重要になってきます。

IPO投資のメリット・デメリット

IPO投資のメリット

市場に出回っていない株ですから、上場日に保有している人はIPOの抽選に当たった人(+既存の株主)だけです。ですから、人気のある銘柄は、それだけ希少価値のある株なので高値が付く可能性があります。

IPO投資のデメリット

IPO株を購入した時から実際に上場するまでには、通常2週間程度のタイムラグがあります。このタイムラグがあるため、その期間に市場が大きく下がったり(通常の下げではなく、暴落レベル)、その企業や業種にとって悪いニュースが出たりすると想定よりも低い初値が付く可能性があります。

IPOは儲かるの?

まずは儲かった銘柄を見てみましょう。2015年で一番初値売りで儲かった銘柄はベスト3です。

上場日 銘柄コード 銘柄名 公募 初値 上昇率 初値売利益
11/27 3921 ネオジャパン 2,900 14,550 +401.7% +116.5万円
3/17 3910 エムケイシステム 3,500 15,120 +332.0% +116.2万円
9/15 3920 アイビーシー 2,840 10,250 +260.9% +74.1万円

もちろん公募割れする銘柄もあります。すべてのIPOが儲かるわけではありませんが、銘柄を見極めて抽選に応募すれば利益を得ることが可能です。

一回当たるだけで100万円を超える利益が出る銘柄もあります。当選さえすればいいのでこれは逃すのはもったいないです。

なぜIPOは儲かるの?

IPOを行う時には一気に資金を調達するために、正当と思われる価格より安い価格で公募価格は決定します。そうすることで資金調達をスムーズに行うことができるからです。そのため割安で購入することが可能なのです。

IPOに当選するには?

IPOに当選するには、証券会社からのIPO募集に応募することで申し込みを行えます。そこから申込者に対して抽選が行われ、当たれば当選になります。ほとんどの証券会社でネット経由で申し込むことが出来るのでとても簡単です。(それだけ倍率が高くなるのですが)

IPOに当選したらどうすればいいの?

IPO投資という観点からは、初値で売却するのをお勧めします。通常、初値を付けた銘柄は、そこからじりじり下げる展開が通常です。もちろんさらに高値を付ける銘柄もありますが、それは通常の株式取引と同じになるため一旦は仕切り直して、通常のトレードと思って行いましょう。

基本は「初値で売る」と考えておきましょう。

IPO当選株を初値で売価する方法は?

売却を成行で注文すれば、初値で売却が可能です。通常の株ですと前日の夕方から注文が可能ですが、新規銘柄は当日の朝6時ごろ(証券会社により異なる)から注文が可能です。

IPOの当選確率を上げる方法はあるの?

ネット証券での当選確率を上げる方法は単純です。「口座を増やす」これが一番簡単です。また一部の証券会社ではポイント制度などにより当選確率を上げることが出来ます。

SBI証券

IPOチャレンジポイントという制度があります。これは1回のIPO申し込みにより落選した場合1Pが付きます。このポイントを貯めて、そのポイントを使って申し込むと優先的に当選することができるのです。各IPOで必要なポイントは異なってくるため人気が殺到すれば当選に必要なポイントは多くなります。当サイトで評価「A」を付けている銘柄はおおよそ200P程度は必要と想定しています。
IPOチェレンジポイント↑現在143PのIPOチェレンジポイントがあるということです。つまり、143回IPOの申し込みに落選したという事。。。

大和証券

株主優待でIPOチャンス回数を増やすことが出来ます。IPOチャンス回数とは要は抽選回数を増やすことです。通常は1回抽選が行われますが、優待により3回や5回などに増やすことが可能です。IPOチャンス回数の増やし方は株主優待で増やすことが出来ます。1000株の株主優待でIPOチャンス回数を3回に増やすことが可能です。
↑株主優待を利用して、チャンス回数を3回にしています。

家族口座を利用する

家族がいる場合(配偶者など)は、その人に口座を作ってもらってIPOに申し込んでもらいましょう。そうすることで単純な当選確率を家族で2倍にできますs。

未成年口座を利用する

子どもがいる場合も同様で、子どもの口座を作って親が代理でIPOを申し込むことが出来ます。(親権者が子どもの財産として管理し取引する場合は借名取引になりません。)

IPOまとめ

いかがでしたか?

IPOで儲けるのは、地道にコツコツ申し込みを行うのが近道です。これからもIPOのスケジュールをチェックしてIPOにチェレンジしてみてください。

 -IPO
 -

  関連記事

5月IPO
なぜ5月にIPOはないのか?

5月に入りましたが、今月のIPO案件はまだ発表されていません。なぜ5月にIPOがないのかその理由を見ていきます。 目次1 理由はゴールデンウ …

IPO投資家から見た「マザーズ」と「JASDAQ」の違いは?

IPOの時、メインとなる上場市場は「マザーズ」と「JASDAQ」は多いですよね。「どちらも新興市場だし、違いがよく分からない!」っていう人も …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOPへ戻る ↑