投資初心者のための 鉄壁資産運用

管理人のプロフィール

初めまして、管理人のHN ひでひろ です。

2015年2月2日から専業トレーダーを始めました。38歳、家族は妻と1歳の幼児(男)。某大学院理学修士。

趣味:プラモデル制作と麻雀

一人っ子だったこともあり、小さいことから一人で何でもやることが多かったのです。プラモデルは特に一人で黙々と作ることに没頭できるのが楽しいですね。
麻雀も学生時代よくフリー雀荘に行っていました。

そして、トレーダーは自分の腕一本で稼ぐことが出来る職業なのでそんなトレーダーにあこがれていました。大学を卒業したらトレーダーになろうと証券会社に入社し、以来約12年間証券会社と銀行に勤めていました。

異動願いを出すも・・・

トレーダーになるために異動願いを何度も出していました。しかし、異動願いを出しても結局のところ「ひでひろ君は経験がないからねぇ」と言われ、『「経験がない」って言ってもその経験はどうやって積むんだよ!』って思ってました。また、社会人になってからは、職業柄短期売買は禁止されるし、当然先物とかオプションは取引できない状態でした。

年も重ね心の中ではほぼ異動は無理だと思っていたのでいずれは辞めて始めようと思い、投資信託の長期運用でトレンドについて勉強し、「模擬トレード」で短期売買の練習をしていました。確かに「模擬トレード」は実際のお金がかかっていないので勝っても虚しいですし、負けるとなぜかホッとします。

しかし、その時出来るのはそれしかなかったのです。ですから、取引に興味がある方は少額でいいので実際に取引をしてみる方が本当はいいと思います。オプションの場合は、ヒストリカルデータの取得が難しいので模擬トレードも有効だと思います。

そして、結局この年になるまでその願いはかなえられず、「だったら自分でやってみよう!」と思い一念発起して会社を辞めて専業トレーダーになることにしました。

サラリーマン時代の仕事

FE_book会社員時代は主に「クオンツ」と呼ばれる金融商品の価格を決める仕事をしていました。そういう意味ではデリバティブ理論は一通り知ってはいます。ただ、クオンツの仕事はあくまで現在価値を決まるのが仕事であって、未来を予想するわけではありません。そういう意味において私は初心者だと思っています。

また、個人投資家が扱えるのはバニラオプションですから、デリバティブ理論の知識で大きなアドバンテージがあるわけでもありません。ブラックショールズモデルを使ってVBAでインプライド・ボラティリティやグリークスを計算できればそれで十分です。これらは本やインターネットでソースコードも載っていますのでVBAを少し勉強すれば誰でも計算が出来ます。

※バニラオプション・・・基本的なオプションのプット・オプションとコール・オプションを指します。バニラはアイスクリームの「定番」なので定番のプットとコールをバニラオプションと呼ぶと思われる。別名プレーンバニラオプションとも言います。

後悔しているたった一つの出来事

今唯一後悔していることが1つだけあります。それは12年前の新卒入社時にジョブローテーションでエクイティ・デリバティブのチーフトレーダーに「ひでひろ君の配属される部署はつまんないからこっちに来なよ」と言われたのに、採用してくれた部署への恩義でそれを受け入れなかったことです。

もちろん、その方は半分冗談で言っていたかもしれません。しかし、もしその時に「よろしくお願いします!」と二つ返事で答えていれば、ずいぶん違った人生を歩んでいるんじゃないかと思っています。人生は一度きりです。いくら後悔しても過ぎた時間は戻ってきません。退職してようやくトレードが出来るので後悔のないようやっていきます。

今の夢

トレードをやる以上やはり大金を稼ぎたいですね。大きく稼ぐことが出来たら、子供のためにも一生住める大きな家を買いたいです。場所は決めています。それが達成できたことをいつかこのサイトでお知らせで出来る日が来るよう頑張ります。

 関連記事

 人気記事

TOPへ戻る ↑