2014年に会社を辞めて2015年から専業トレーダーをしています。主戦場はオプション取引です。余剰資金でIPO投資を宝くじ的に楽しんでいます。

先物とオプションは何が違うの?3つの違いを解説!

先物とオプションの評価損益比較

先物とオプションの違いは何でしょうか?「オプションは先物と違う」というのは分かっていても何が違うかって難しいですよね。

現物株を取引きしている人でも先物とオプションを取引をしたい人は別途先物・オプション用の口座を開設しないと取引することが出来ません。と言うことは先物とオプションは似たような商品なのかと思いそうです。でも、先物とオプションは似て非なるものです。

先物とオプションの違いを解説します。

先物とオプションの違い1:損益線が異なる

先物買の場合は(購入価格-SQ)x1000円が損益となるので最終決済日での損益グラフは1次関数になります。

一方、オプションの場合は同じくSQを用いられるのですが、コールオプション買の場合Max((SQ-行使価格)x1000,0)で算出されます。プット・オプションの買いはMax((行使価格-SQ)x1000,0)となります。そのため、オプションの買であれば決済日に支払いが発生することはありません。
(※Max(A,B)はA≧B→Max(A,B)=AでA<B→Max(A,B)=Bのことです)

例:先物を17,500円で購入、行使価格17,500円のコール・オプションを250円で購入
先物とオプションの損益額比較この時、SQが16500円だったとすると、先物は100万円の損失になりますが、オプションは購入時の20万円が0円になるだけなので20万円の損失になります。この点がオプションの買いは損失限定取引と言われる理由です。

売りの場合は?

コール・オプションの売りの場合は単純に先ほどの式をマイナスにすればいいだけです。計算式は-Max((SQ-行使価格)x1000,0)になります。ですので、決済日に支払うことがあっても、もらうことは絶対にないのです。

先物とオプションの違い2:証拠金の扱いが違う

先物は常に一定額以上の証拠金が必要です。また、オプションの売りも証拠金が必要になります。

オプション売特有の証拠金の変動

ですが、オプションの売りの場合はいくら以上なくてはいけないと決まっているわけではなく毎日相場状況によって変動します。これは「インプライド・ボラティリティ」と呼ばれる市場の変動性が変化に合わせて証拠金の額が変化するからです。ですから、突然大きな額の追証が発生して入金出来ずに強制決済されるという事態も生じます。

オプション買には証拠金不要

一方、オプションの買いは証拠金が必要ありません。その理由は最終決済日に支払いが発生しないからです。ですので事前に資金を証券会社に預ける必要がないからです。(逆に証拠金がもらいたいぐらいです)

先物とオプションの違い3:満期日までの損益予想

先物の場合は分かりやすいです。日経225先物の価格は日経平均価格にほぼ連動した値動きになります。これは決済されるときにSQ日の日経平均構成銘柄の「始値」を用いて算出されるからです。ですので日経平均が500円ぐらい下がると思えば約50万円の評価損になります。

しかし、オプションの場合はそう簡単にはいかなく500円ぐらい落ちる時の予想を簡単に立てることはできません。大まかに計算することは出来ます。それでも正確に把握することは難しいです。

例:先物17500円で購入、行使価格17500円のコール・オプションを250円で購入したとします。残存が1ヶ月でIVが20%と仮定すると、下の図のようになります。ただし、IVは常に変動しているのでいつもこの図が使えるわけでもないですし、満期まで毎日近づいていくのでIVが変わらなくても損益曲線は変化します。
先物とオプションの評価損益比較※コール・オプションの評価損になるのは購入価格を引いているからです。
先物は日経平均の価格だけで計算できます。しかし、オプションの場合は「日経平均の価格」だけでなく、「満期までの日数」と「IVの値」の3つがないと計算できないのです。特にIVはどうなるか予想は簡単ではないのです。

先物とオプションの違いまとめ

先物とオプションの違いは

  1. 最終損益線が異なる
  2. 証拠金の扱いが異なる
  3. 満期までの評価損益が先物は分かりやすく、オプションは分かりにくい

ということになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

dd

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930